武蔵野うどん

グルメ(日々の食事)

うどん本舗 [西川越] 『肉汁うどん(中)』

JR川越線の西川越駅付近から「川越北環状線」を3.5㎞ほど北上したところにあります。 店内は広々している印象。 「肉汁うどん」を中心に「武蔵野うどん」系メニューが豊富です。オーダーは、「当店人気No.1」の『肉汁うどん(中)』880円と『たまねぎ天』110円。『当店名物、極太きんぴら』220円も気になりましたが多いので止めました。 「うどん」は自家製で隣の部屋で打っているようです。
グルメ(日々の食事)

武蔵野うどん とこ井 [さいたま新都心] 『肉汁つけうどん(並)』

さいたま新都心駅からすぐの商業施設コクーン1の2階にあります。 この店を目当てにコクーンに行きましたが、初めての人にとっては案内の地図が結構不親切な印象です。コクーンは1から3まで建屋がありそれぞれにレストランがあるので、目当ての店があるならどこにあるか事前に確認が必要ですね。「とこ井」は高円寺のお店と同じ名前なので「暖簾分け」ということなのでしょう。
グルメ(日々の食事)

自家製麺 さわ屋 [蕨] 『肉汁うどん(ごぼう)』

JR京浜東北線蕨駅から北東方向へ2㎞弱のパチンコ屋さんの1階にある店で最近できたようです。 店頭には「武蔵野うどん」と書いてあります。 店内に入って左側の自動券売機でメニューを選びますが、「肉汁うどん」には「ごぼう」と「しろ」の2種類があります。
グルメ(日々の食事)

おそば仲屋 [武蔵境] 地粉の「武蔵野うどん」

JR中央線武蔵境駅から武蔵境通りを真北に進み、浄水場を過ぎて左側にあります。店頭には「地粉 武蔵野うどん」の看板と幟がありますが、店名が「おそば」でどう見ても昔からある普通の「町蕎麦」です。店内も至って普通の「町蕎麦」。
2022.03.21
グルメ(日々の食事)

みらい家 [笹塚] 北海道産小麦100%の「武蔵野うどん」

京王線笹塚駅から南側へ徒歩4~5分程度。都内(23区内)で「武蔵野うどん」を食べることができる店はそれほど多くはないですが、こちらの店で「武蔵野うどん」が食べられることは認識していました。こちらは二毛作で昼が「うどん」、夜が「居酒屋」ということで「うどん屋」ではないようです。
2022.03.10
グルメ(日々の食事)

いこいこ [狭山ヶ丘] こんなに安くて大丈夫なのか?!

まちづくり観光協会が出している「所沢名物肉汁うどんめぐり」に掲載されている店です。 店の周囲には商店もなく人通りも少ない道にあります。店内はそれほど広くはなく、ワンオペで頑張っている店のようです。 メニューの一番上には、『いこいこ 肉汁うどん (並)』590円があり、レギュラーメニューは全部で4種類。
2021.12.23
グルメ(日々の食事)

うどんや 藤 [保谷] 居酒屋風の店で「武蔵野うどん」

休日ランチで初訪問です。 こちらは以前から訪問したい店で数回チャレンジしましたが、最初は店周辺のコインパーキングが見つけられず諦め、その後は店舗裏側に駐車場があることがわかりましたが、満車で断念という状況でした。この日は少し遅めの時間だったせいか店舗裏側の駐車場に停めることができました
2021.12.17
グルメ(日々の食事)

自家製うどん うどきち [狭山ヶ丘] 激しく「うどん」にこだわっている店

休日ランチで初訪問です。民家をベースにした店でキャパ的にはそれほど多くの人が入れる印象ではないです。玄関で靴を脱いで下駄箱に入れ、名前を書いて待ちます。日曜日の13:10に着きましたが3組ほど待っている状態です。 オーダーは、『肉汁うどん』890円に決めていますが、麺は『ウルトラもち麺』『もち麺』『田舎麺『ハナマンテン麺』『中華麺』の全5種類から選択することができます。
2021.12.10
グルメ(日々の食事)

元祖田舎っぺうどん [北上尾] 人気の埼玉名物「武蔵野うどん」

店頭には10名くらい待っていて、入口にある紙に名前を書いて呼ばれるのを待ちます。しばらくたって名前が呼ばれ、その際に店頭でオーダーを取って伝票を渡されるので、先にメニューを見て決めておいた方が良いです。更に待って次に呼ばれたときにやっと入店できます。
2021.10.21
グルメ(日々の食事)

こだわりの地粉「武蔵野うどん」@柴崎:武蔵野うどん 一彩 本店

以前に烏山店を訪問した際には『肉汁』だったので、『カレー汁』をオーダーしました。烏山店も同じでしたが、メニューからは「きのこ」系が強い印象を受けます。『カレー汁』は、昔風の味わいでなんだか懐かしい味です。ノーマルでは肉などの具は少な目ですが、「肉2倍」「チーズ」「ネギ」などもあります。
2021.10.07
タイトルとURLをコピーしました