丸の内

グルメ(日々の食事)

インデアンカレー [丸の内] 『インディアンスパゲティ』

東京駅丸の内南口から直結のTOKIA地下1階にある大阪発祥のカレー専門店。10年前に阪急三番街店に行っていますが記憶が薄れています。 メニュはシンプルに『インディアンカレー』830円、『インディアンスパゲティ』830円、『ミートスパゲッティ』730円、『ハヤシライス』730円、4種類でオーダーしたのは、『インディアンスパゲッティ』。
グルメ(日々の食事)

やちむん 東京丸の内店 [丸の内] 『沖縄そば』780円

東京駅丸の内口地下直結のKITTEにあります。場所はメインの通路から少し奥まった場所なのでわかりづらいです。店頭にランチメニューはなかったですが、沖縄料理店なので、多分『沖縄そば』はあるだろうと思い入りました。雰囲気はちょっとこぎれいな沖縄居酒屋といった雰囲気。
2022.03.08
グルメ(日々の食事)

レストラン大宮 新丸ビル店[丸の内] あっさり『メンチカツ』

東京駅丸の内口地下直結の新丸ビル5階皇居側です。新丸ビルのランチタイムも時節柄少し空いています。こちらの「レストラン大宮」は浅草が本店のようですが行ったことはありません。ランチメニューを見ると、1,500~2,500円なので少し上級な価格設定です。
グルメ(日々の食事)

M&C Cafe 丸の内オアゾ [丸の内] 早矢仕さんが考案した「ハヤシライス」

丸善の創業者、早矢仕 有的の息子、四郎がハヤシライスの考案者だと言われているようで、こちらの店では『ハヤシライス』がメニューの中心です。 ランチメニューはA~Fの6種類でA~D、Fが「ハヤシライス」でEが「チキンカレー」です。選んだのは、『A:日替わりランチ』1,580円でこの日は「エビかつ」。「サラダ」と「ドリンク」付きです。
2022.01.07
グルメ(日々の食事)

RIGOLETTO WINE AND BAR [丸の内] 大好物の『ジェノベーゼ』

平日ランチで数回目の久しぶりの訪問です。入口には待つ人のための椅子がいくつか置いてあります。こちらの店は通路より店内の席が低くなっているせいか、通路にいると店内がすごく賑やかですが、悪く言うとうるさいとか騒々しい、という印象です。入店時の女性比率は95%の印象。
2021.12.30
グルメ(日々の食事)

東京和食 文史郎 [丸の内] 新丸ビル7階の東京和食

東京和食という看板なので和食中心と思いながらもランチメニューは6種類あり、中には『ハンバーグ(デミグラスソース)』や『ハムカツとチキンカツ』などの洋食系メニューもあり、いずれも1,000円と新丸ビルのランチとしてはリーズナブルな価格設定です。
2021.12.27
グルメ(日々の食事)

島ぬ風 [大手町] 丸の内の沖縄料理で『ラフテーそば』

平日ランチで初訪問です。 新丸ビルにも沖縄料理の店があり、そちらは居酒屋っぽい雰囲気でしたが、こちらはややレストランっぽい上品な造りです。ランチは前払いなので『ラフテーそば(単品)』979円を選択しました。 見た目は「そば」の表面に「ラフテー」がたくさん並べてあります。1枚が大きいわけではありませんが「喜多方ラーメン」の「チャーシュー麺」を連想します。
2021.12.15
グルメ(日々の食事)

欧風小皿料理 沢村 [丸の内]  『茄子とミートソースのボローニャ風ラザニア』

東京駅丸の内口の新丸ビル7階にある店です。以前どこかでこちらの『ラザニア』が美味しいというのを見ていたので気になって訪問です。 内観は落ち着く雰囲気で女性客比率が9割以上の感じです。メニューは、「肉」「魚」「プレート」「パスタ」「サラダ」などバリエーションがあります。
2021.11.23
グルメ(日々の食事)

東京うりずん [丸の内] 『本日の日替り』はボリューミーな『軟骨ソーキそば』

店頭のメニューを見ると沖縄料理ながらも 1,300円くらいのセットが中心で丸の内価格という印象ですが、『本日の日替り 軟骨ソーキそば』1,000円に惹かれて入ってみました。
2021.11.01
グルメ(日々の食事)

FISH [丸の内] かなりスパイシーで本格的な『チキンビリヤニ弁当』

東京駅丸の内口北側にあるオアゾの地下1階のカレー店です。 イートインは通路から丸見えで何となく落ち着かなそうだったので訪問していませんでした。この日は時間もなく、近くのテイクアウトを探していたところ、『ビリヤニ弁当』800円の張り紙を見て買いました。
2021.10.16
タイトルとURLをコピーしました